Home > 沿革

Onings Holland

Flowerbulbs

沿革

オーニングス・オランダ花卉球根会社(Onings Holland Flowerbulbs、以下オーニングス社)は、P.F.オーニングスによって1935年に設立されました。この年から、この同族会社は花卉球根、塊茎及び種子事業において力強い評判を築き始めました。3世代にわたって引き継がれてきたオーニングス社は、数年後には4世代目が経営の舵を取ることになります。

1930年代、P.F.オーニングスはプールダイク(Poeldijk)青物市場の品質検査人でしたが、ある人から花卉球根の手配を頼まれたことがきっかけとなり、球根事業を開始しました。その後、息子のP.A.オーニングスが事業を手伝うようになりました。1950年以降、同氏は父親の事業を引き継ぎ、弟のH.オーニングスと共に「P.F.オーニングス花卉球根会社(P.F. Onings bloembollenbedrijf )」を設立しました。

当初は、様々なタイプの花卉球根、塊茎及び種子の地元市場販売が主な事業内容でした。父親と同様、兄弟も需要に合わせて事業を進めて行きました。1960年頃、当時非常に人気のあったユリの球根の供給について日本から問い合わせを受け、オーニングス社は日本との取引を開始しました。その時から、オーニングス社はユリの球根の取引により焦点を置くようになりました。

1980年代及び90年代、オーニングス社は、新種やより良い品種の登場に加え、オランダ国内におけるユリの球根生産量の増加により、ユリの球根の輸出量を伸ばして行きました。ユリの人気はさらに高まり、その取引量も大幅に増加しました。オーニングス社は市場と共に成長し、現在世界で最も人気のある花の1つであるユリの球根のマーケット・リーダーと呼べるまでになりました。

ソーシャルメディアでフォロー

Cookie settings

Edit your consent settings or view privacy policy.

Privacy policy | Close
Settings